クリエイティブな情報を発信

カフェインはすぐに効くってウソ?ホント?

カフェインはすぐに効くってウソ?ホント?

忙しい仕事の合間にちょっと一息。気分転換にコーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか?

コーヒーに含まれるカフェインにはさまざまな効果があります。

記憶力向上、疲労回復、利尿作用、運動の持続力の向上など。

特に脳内の睡眠物質の増加を防ぐ効果があるのは有名ですね。

脳を覚醍させる作用もあるため、眠気を飛ばしたいというときに、コーヒーを飲む人も多いでしょう。

では、コーヒーを飲んでからどのくらいの時間でカフェインの効果は表れるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

カフェインの含有量が多いため、すぐに効果が表れそうな気もしますが、コーヒーが脳を覚醒させるのは、およそ30分ほど経ってからなんです。

飲んですぐに眠気が覚めるわけではないのです。

カフェインを飲めばすぐに効くというのはウソなんです。

この時問差を利用すれば、昼寝からスッキリ目を覚ますことも可能です。

30分の昼寝をする前にコーヒーを飲めば、ちょうど目を覚ますぐらいの時間からカフェインが作用します。

脳が休眠状態に入らずスムーズに作業にとりかかることができるのでとっても効率がいいですね。

ちなみに冷たいコーヒーだと、効果がピークになるのは1時間から2時間後だと言われているので、早く効果を出したいときはホットコーヒーがおすすめです。

ただ、カフェインには睡眠物質自体を消す作用はありません。

コーヒーを飲んだからといって疲れがとれるわけではないので、夜の睡眠はきちんととるようにしましょう。

また、コーヒーだけではなく紅茶や緑茶、ウーロン茶やエナジードリンクなど、カフェインが含まれている飲み物はたくさんあります。

コーヒーが苦手な人でも気軽にカフェインをとってぜひ作業効率をアップさせてみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

カテゴリー