クリエイティブな情報を発信

生活の雑学6選その五

 

生活の雑学6選その五

目次

銭形警部はルパンを逮捕出来ない

大泥棒ルパン三世と銭形警部との攻防が見物の大人気アニメ「ルパン三世」。

銭形は世界中で盗みを働くルパンを逮捕するため、国際刑事警察機構(通称インターポール)で働いている。

しかし、実際のインターポールの仕事は、各国への犯罪者の情報提供だけ。

犯罪者の身柄拘束などは現地の国の警察組織の仕事である。

逮捕権は持っていないので、どうあがいても銭形はルパンを逮捕することはできないのだ。

目次に戻る

スポンサードリンク

大根は力任せにすりおろすと辛くなる

大根はそのまま食べても、辛みより甘みを感じることが多い。

しかし、大根おろしになるとなぜか辛くなってしまう。

じつはこの辛み成分は、そのままの大根のなかには存在していない。

細胞が壊れる際にミロシナーゼという酵素が化学反応を起こし、辛み成分が生まれるのだ。

そのため、急いで力まかせにすりおろすと、細胞が壊れてしまい、より辛くなってしまうのだ。

目次に戻る

大正7年生まれの人は、平成7年に77歳

『ラッキーセブン』と呼ばれるように、七というのは非常に縁起がよい数字。

あまり意味はないとわかっていても、ついつい気になってしまうもの。

じつは、大正七(1918)年の七七年後は、平成七(1995)年になっている。

つまり、大正七年七月七日に生まれた人は、平成七年七月七日に七七歳を迎えていた。

これほど縁起のよい誕生日祝いはなかったことだろう。

目次に戻る

点字のルーツはもともと軍人の司令の為

点字はもともと目の不自由な人のためではなく、軍事用に考案されたもの。

1819年に、フランス砲兵大尉シャルル・バルビエという軍人がいた。

明かりがなくても正確な司令を兵士に伝えるために、厚紙に点と線を浮き出させる方法を用いた。

やがて盲学校でも使われるようになり、複雑で不便だった方式も次第に改良され、世界中に広まっていったのである。

目次に戻る

電気屋の店頭に流れてるテレビはNHKの受信料が無料

女性を表す英語「Lady」には意外な由来がある。

これはもともとフレフデーゲ「hlaefdige」という古英語が変化したもの。

hlaefとは「ひと塊のパン」 で、digeとは「パン粉をこねる」ことだ。

つまり、パンを作る人という意味なのだ。

それが転じて、「一家の女主人」から「主婦」となり、その意味が少しずつ転誂していった。

「貴婦人」「淑女」を表わすようになったのである。

目次に戻る

電車の『出発進行』は発車の合図ではない

電車が発車するときに『出発進行』と言いながら指差し確認をしている運転士を見て、このかけ声は発車の合図だと思っている人が多いかもしれない。

しかしこれは発車の合図ではない。

実は『出発信号機』が『進行』表示になっていることを確認する言葉。

つまり、青信号であることの確認にすぎない。

そのため、走行中も駅を通過するときなどに信号機を確認して、『出発進行』と言うことがある。

表示には『進行』以外にも『減速』『注意』『警戒』『停止』などがある。

鉄道会社によっても異なるが、原則として『進行』以外の場合には速度制限が設定されている。

たとえば、前の列車がつかえていて『注意』表示になっている場合には、『出発注意』というかけ声をして、スピードを落として走行している。

目次に戻る

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

カテゴリー