クリエイティブな情報を発信

風邪の時はお風呂に入らない方がいい?ウソ?ホント?

 

風邪のときは風呂に入らないほうがいい?

 

「風邪で具合が悪いなら、お風呂に入っちゃダメ!」

 

子供の時からずっと言われてませんでしたか?

私は親に絶対に入るな!とキツく怒られた気がします。

 

だけど、風邪の時にお風呂に入ると身体がぽかぽかするし、発汗を促して気持ちよく寝られるんですよね。

そして、体調も良くなった気がする……。

スポンサードリンク

 

なのになぜ世間では『お風呂に入るな!』というのでしょう?

 

しかし、医学的にみればそれは誤りだったのです。

 

湯船にきちんと浸かった方が、身体の調子が良くなりやすいんです!

 

お湯に浸かれば体温は上がりますが、それは決して悪いことではありません。

むしろ、体温が上がると身体は熱を冷まそうと汗をかきますよね。

だから自然と解熱し、風邪の症状を抑えることが出来るんです。

さらに発汗によって毛穴の汚れを洗い流すこともできるため、身体を清潔に保つこともできる。

 

また、身体が温まることで血管が広がり、血の流れも良くなります。

すると、免疫機能がきちんと働きます。人間の身体は結構凄くて、この『免疫力』というのは侮れません。

 

ただし、熱いお湯に長時問浸かると、体力を奪われ免疫力に悪影響を及ぼす可能性もあるので注意です。

38度以上の高熱の場合は、無理に風呂に入らず、安静にしておくほうがいいですね。

 

『風邪の時はお風呂に入らない方がいい』というのは

 

ウソです!

 

世間には間違った健康知識が多く存在しているんですね…

私も知るまでは間違えてる事だけど、自分にとっては良いことだと思ってお風呂に入っていました(笑)

 

まだまだ健康に関する雑学を用意していますので、記事をチェックして見てくださいね♪

 

スポンサードリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

まだデータがありません。

カテゴリー