クリエイティブな情報を発信

コンビニの電気に虫が寄り付かない理由

『コンビニの前には虫がいない』

そう思ったことありませんか?

家の中で蛍光灯や白熱電球をつけていると、明るい光に虫が寄ってきますよね?

 

虫が光に向かって進む性質を『走光性』と言います。

 

不思議なことに24時間営業のコンビニエンスストアの明かりに、虫が群かっているのを見たことがない。

なぜ駅のホームなど、光のあるところに虫は群がるのに、コンビニの光には集まらないのか?

スポンサードリンク

コンビニで使用されている照明には、じつは虫が寄ってこないような特殊な細工が施されてるのをご存知ですか?

人に見える光と虫に見える光は波長がまったく異なっていることを利用して、コンビニの照明には、虫には見えにくい光が使われてるんです。

 

虫がもっともよく反応するのは、360ナノメートル前後の紫外線。

 

よって、その光をカットすれば、虫には見えにくくなり、照明に寄ってこなくなるというわけなのです。

ちなみにその紫外線をカットしても、人問にはもともと見えていないため、人間にとっての明るさは変わらないらしいです。

無視の認識してる光と、人間の認識してる光の違いなんて普通気づかないですよね。

 

そしてコンビニには「電撃殺虫器」「紫外線殺虫灯」と呼ばれている道具が備え付けられてます。

 

『バチ』っという音、聞いたことありませんか?

 

あれは無視を集めて触れた虫に電撃を浴びせるという代物で、なかなか凄い機能です。

 

私たちの普段の生活はそんな物で守られてるんですね♪

スポンサードリンク

タグ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

カテゴリー